アイマグブログ―宮地電機 松本真紀子

imag066.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

松本家弾丸トリップ 後編

旅行2日前に思い立ったにしては、
かなり充実した内容の旅となりました~!の後編ご紹介。


【2日目コース】

今日は、レンタカーで出雲へ行きます!

が…。
起きて早々息子の様子がおかしい…。

頭が痛いと言って、
ちょこっと嘔吐。
こりゃ車で出雲は無理だねということになり、
レンタカーはキャンセル。


と・こ・ろ・が…


キャンセルして30分後、
なにやら元気になる息子君。

「昨日寝る前にケーキ食べて、ジュース飲んだけん、
 しんちゃん気持ち悪くなったんよ~」

ですって…。

なぬ~~!!!(まぁ、元気になってなによりですが)


結局、キャンセルした車を再手配し、8時出発予定が10時半出発。
予約したレンタカーは、トヨタレンタカーでホテルの隣にあります。
受付は同じ建物の1階にあるのでとっても便利。
(※シェラトン宿泊者だと20%OFFで利用できますよ~♪)


さてさて、
いざ出雲へ=3

ネットで調べたおすすめルートだと出雲まで4時間半かかる計算。
結局広島出雲間を運行しているバスと同じルートを辿ることにしました。
これだとバスで3時間12分。乗降時間をカットできる車だと3時間を
きれる計算。時間が無いので、安全策でこのルートをセレクト。
(ナビの時間よりたぶん1時間は短縮できるんだろうけどね。)


予定通り、
出雲へ到着(^_^)/


b0223711_9533918.jpg

相変わらず抱っこ抱っこな息子君。
歩こうねぇと伝えると、
「1時間歩くとしんちゃん疲れるんよ…」としんどさをアピールした
表情と口調で返してくる息子君。

おいおい、
3歳児がそれでどうする!
ていうか、まだ1時間、いやいや1分も歩いてないじゃないの~。(爆)

と思いながらも、抱っこはママもしんどいのでおんぶで対応。


b0223711_9543345.jpg

(神社の境内では写真を撮らない主義なので、ここからの写真は無いよ。)

出雲大社、結構広いからねぇ。
昨日の抱っこで、腕がかなりの筋肉痛・・・。
途中、パパの肩車と変わりばんこで頑張りました。


参拝して、見学して、お昼はとうに過ぎたところで、
出雲そばでお腹を満たす。


b0223711_9562098.jpg


江戸時代から続く「荒木屋」さんへ伺いました。
割り子3代そばを2人前注文。
歯ごたえもあり、美味しかったです!
もう1人前食べられそうです。(笑)


そんなこんなしていると、もう帰りの時間。


でもね、一軒行きたいところがあるのよ~とお願いし、
ちょっと離れているけれど…と迷ったけれど、
せっかくだから行こうということになりました。


目的は、
出西窯(しゅっさいがま)。

b0223711_9575067.jpg


お店に入ると、落ち着く香り。
木の香となんだろ珈琲の香も混じって、松山のどこかのお店と
同じ香がしました。

最初に目に留まった器からして、結構好み。
お店を1周して、靴脱いで2階に上がってを2回繰り返し。
日常使いできる器を色違いで3枚購入しました。

これがそれ、

b0223711_95833100.jpg


バタバタと駆け足で見て回ったので、お店の方に失礼したなと思い、
レジでお姉さんが包んでくれている間に、
「本当はもっとゆっくり見たいのだけど、これから広島から船に乗って
 愛媛へ帰るので時間がなくて…」とバタバタの理由を伝えると、

帰り際に、カフェスペースのテーブルに置いてた器から、
何やら袋に入れて手渡してくれました。

「生姜糖です。帰りに食べて下さい。」


b0223711_1001917.jpg

ありがとうございます。
思わずうるうるしちゃいました。

絶対来ます。

欲しいお皿他にもあったんですよ~
パスタ用にあれでしょう。ケーキ用にあれも…

また来ます!!!!
今度は、ゆっくりお茶して帰ります。


なんだろね。
商品が素晴らしいことはもちろんなんだけど、
それを扱う人が素晴らしいのが素晴らしい。
同じモノでも、それがある場所、関わるヒト、いろんなコラボで
うれしいコトになってるような。

お姉さん、私はあなたのファンですよ~♪♪



この旅は、これにて終了ですが、
本当にいろんな人の心配りが、この旅を何倍にも楽しくして
くれました。本当感謝。

実は、1日目コースのSLでも、同じ客席になった家族が
離れて座ってた主人に席を譲ってくれて、お話しながらの
旅になったんです。子供が同い年だったのもあって親近感。

みなさんありがとうございました。


いろんなパワーをチャージしたので、
バリバリ頑張れそうだぁ~~!!


ちゃんちゃん。(完)



【旅行後記】
帰りの船を待つ間、息子君に「この旅で何が一番楽しかった?」と
尋ねてみました。

すると、

息子君:「カバンに乗るやつ!」 と即答。

パパ&ママ:「・・・。」

b0223711_10121561.jpg

↑これですと・・・。
あまりに歩かない息子をスーツケースに乗せて移動。
これがいたく気に入ったらしい。

私の期待は「新幹線!」とか「SL!」とかだったのに・・・。
子供の楽しいは結局プライスレスやわね。
親の心子知らずですわ~。そんなもんか。(笑)
[PR]
by imag0660 | 2011-09-29 10:19 | trip | Comments(0)

松本家弾丸トリップ~ 子連れ編

21日の夜、急に主人がどこかへ旅行へ行きたいと言い出し、
夜中に脳みそとインターネットを駆使してスケジュールを組み、
とにかく予約。

これが、我ながらすごいおすすめコースが出来ちゃった!
普通の土日でも応用可能。
乗り物好きな男の子も大満足、大人も大満足の内容なので、
紹介しちゃいます。


【1日目のコース♪】

松山観光港 7:00発のスーパージェットで広島へ
(瑞光の客室照明では、LEDが使われてるのでキョロキョロ職業病な私。)
b0223711_104270.jpg

車は港に置いて、広島まで1時間の船旅。

広島港からは、広電(路面電車)で広島駅へ
広島駅新幹線口側のホテルを予約したので、荷物を預け
トイレ(ホテルにて)も済ませ、新幹線に乗りいざ新山口へ。
b0223711_1061941.jpg

さくら(N700系)に乗りました。ぴかぴかやね。
広島から九州鹿児島まで2時間23分ですって!はやっ!!


新山口で下車し、在来線ホームへ移動

今日の目玉です。
じゃ~ん、「SLやまぐち号」。(←もちろん予約。)
b0223711_10141996.jpg

こちらはC56と機関士さん。
石炭を投入してる様子も見学できるよ~。

えらく人が多いし、テレビまで来てるし、どうしたことかと思ったら、
なんとこの日からC56とC57の重連運転開始(~10/16まで)でした。
復路では、プッシュプル運転と言って、前でC57が引っ張って、
客車の後ろからC56が押すという特別運転なんだって!!!
マニアにはたまらないらしい。なるほど。
当日だと満席になってたので、松山で予約しておいて正解でした。
(※JR松山駅で予約&切符購入の際は、少々時間がかかります。
めったにそんなお客さんいないので…。)

あっ、補足ですが、
期間中は、12系客車になってるので、のんびり津和野までの旅の
場合は、通常運転の日がおすすめだよ。
レトロ客車で、展望車もついてるので見るだけじゃなく乗ってても
楽しめるし、観光名所もたくさんございます。

SLやまぐち号情報はこちらからゲット↓
http://www.c571.jp/

今回、SLの終着地津和野は何度か訪れたことがあるので、
松本家は、山口駅で折り返し。

新山口駅のホームでは、
駅を通過する新幹線のスピードを目と音で体感できちゃいます!
で、キオスクで息子はお小遣いを使ってSLやまぐち号のチョロQとじゃがりこをゲット。
b0223711_10251257.jpg

駅弁を買って広島までの30分でランチが子連れ旅行にはおすすめ。
b0223711_10305165.jpg

↑このお弁当が、野菜やおかずが多くてイチオシだとか。
確かにヘルシーで美味しかったよ。

この後、
広島駅まで戻り、宮島線へ乗り換えて鹿に会いに宮島へ。
人の多い表参道はよけて、裏通りになる町家通りを歩いて休憩。
ちょっと古民家調のカフェで主人は宇治金時、私はコーヒー、
息子はココア(最近お気に入り)をいただきました。

有名な海に立つ鳥居前で写真を撮って、
うろうろしてると、ラッキーにもさる廻しをやってて息子君喜ぶ♪♪

帰りは、再びJRに乗り横川駅で下車。
広電に乗り換えて久しぶりに平和記念公園を散策したよ。
丹下健三の建築を感じ、平和大通りへ出て、イサムノグチデザインの
平和大橋の欄干ikiruに触れて、今の平和さに感謝。

歩いて本通りを通り、パルコのタワレコで翌日のドライブ用の
CDと半額セールしてた洋書を1冊ゲットしたところで、お腹がペコペコ。

やっぱお好み焼かねぇ~と
一番近い人気店、みっちゃんへ行くも長蛇の列。
結局、駅まで戻って麗ちゃんで食べました。もちろんビール付。(笑)
※本当は駅そばにあるきちゃない名前も忘れたようなお店とかで
美味しいところがあるのだけれど、子連れは王道が一番便利やね。


-------宮島~広島市街地編は、デジカメの電池が切れて・・・
         携帯のカメラで撮影したためアップできんかった・・・(反省)


途中でマリオ(学生時代のランチの定番やった)のケーキを買って。
ホテルへGO♪

これがねぇ~
とっても素晴らしくこの旅一番のサプライズ♪♪
空いてる部屋が少なくて、喫煙のデラックスキングを予約していたのに、
スウィートにアップグレードしてくれちゃいました~~♪♪♪
b0223711_10544360.jpg

壁もビニールクロスじゃないですよ~!
カーテン&シェードは電動ですよ~!!
お風呂の水栓はもちろん、グローエ!!!
トイレはなんと2箇所に~!!!!
寝室は間接照明だけだわよ~!!!!!
(またしても職業病でいろいろ細部をチェックする私)

松本家ってセレブだったかしら???
夢かしらこれ???

なママを横目に、
息子君パンツ姿で動きまわる・・・・ 
 
 ・・・。

   やっぱ現実やわ~ セレブじゃないわぁ~ トーマスパンツかよ~

b0223711_1103791.jpg


翌朝は、
おさるのジョージを見ながら、パンをかんじるb0223711_1115424.jpg

いつもは家の14インチだからねぇ~
大きいよね~このテレビ。

シェラトンさんありがとうございました!!
広島へ宿泊の際は、また利用させていただきます~♪
b0223711_1133827.jpg


息子曰く、
「ママ、今日からここに住もう」

・・・・。
住めるものならママも住みたいわよ息子君。



                松本家弾丸トリップ~ 子連れ編 
                        2日目コースは、また明日・・・・


 
[PR]
by imag0660 | 2011-09-27 11:19 | trip | Comments(0)

帰ってきたエイジ・・・

1週間の三瓶ステイを楽しんだ息子君。
先週末に松山へ戻ってきました。

その間、母ちゃんは元同僚の皆様と飲みに行ったり~♪
仕事を思いっきりがんばってみたり~♪♪
充実した日々を過ごさせていただきました。(最近しょっちゅうだわね・・・・。)

で、戻ってきた息子君。
b0223711_9345659.jpg

かなりパワーアップしておりました。

洗って干してた捨てる前の牛乳パックにロックオン。
両腕に装着して戦闘モードに入ります。

「サゴーゾウ!」と言いながら・・・・

これ、仮面ライダーオーズのコンボ形態。
サイ・ゴリラ・ゾウのメダルを組み合わせると
力強いサゴーゾウに変身するのです。

確かに、腕がりっぱに変身。(夕しぼりって書いてあるけど・・・)

仮面ライダーシリーズは、残念ながらオーズが終わって
すでにフォーゼに移ってるのですが、我が家はオーズ真っ只中。

主人公の名前がひのえいじというのですが、
最近息子君を名前で呼ぶと、「えっ?ひのえいじだけど」
と返ってくるほどはまっております。オイオイ。

絶対戦隊モノは見せるものか~っと思っていたけれど、お友達や
まわりのチビッコの影響でやっぱ避けては通れんのですねこれは。
泣く泣く付き合った末、今では私もはまってます。やばい。

ただ、最近言葉使いが悪くなってきたのが問題!
オーズの主人公は良いのですが、相棒?のアンクの言葉が・・

「いいかげんにしろ!」

が口癖のアンク。
これを真似する我が息子君。

こりゃいかんと、
先日は「崖の上のポニョ」を借りてみました。

むふふふふ。
母の思惑通り、すっかりはまる息子。
松本家、しばらくジブリでいこうと思います。

次はトトロ。

前髪も短くなったことだし~。
ジブリがピッタリだよ息子君。
b0223711_9493545.jpg



追伸
ラ・ブランシュの皆様、先日は大変失礼致しました。(汗)
次伺う時までに、もう少しメルヘンな子に教育しときます。

メイプルロール、
久しぶりに食べたけど、やっぱ最高でしたよ~♪♪
[PR]
by imag0660 | 2011-09-21 10:00 | family | Comments(0)

スカイツリーに松山城

今日からはじまりました。
照明学会全国大会。

今日は、スカイツリーのライティングデザインを担当されている
戸恒さんの講演がひめぎんホールであり、私も聴講。
b0223711_20431099.jpg

写真右が戸恒さん。
左は松下美紀さん。

すごいですよね。
照明デザインを売る仕事。
照明器具を売る仕事とは異なります。

照明の技術的なことはもちろんですが、
プロジェクトの遂行のために、次々と新しい
技術が開発されてるプロセスもすごいなぁ。

刺激うけますね。同世代だし。

明日は、松山城のライトアップ見学会が開催されます。
いつもは単色で照らされているお城が、様々なカラーで
ライトアップされるので、興味のある方はぜひお城まで!
もちろん、私も行きますよ。

こちらで詳細も書いてます↓
http://mbp-ehime.com/lavita/seminar/205/

ちなみに、
上の画像で席移動してるのが、このライトアップの設計者。
宮地電機が誇る照明デザイナーです。
入社当時から、私の憧れの存在です。
[PR]
by imag0660 | 2011-09-15 20:45 | job | Comments(0)

劇的ビフォ~にびっくり

住宅改修現場にて本日床や天井・壁の撤去作業。
すごいホコリにネズミの糞。

何十年も天井裏に積もってたと思うとすごいね。
床をはぐと、一部腐っている部分もある。
b0223711_9535214.jpg

壁板を剥いでいくと、新聞を貼った形跡を発見。

良く見ると、
b0223711_957584.jpg

武蔵の文字が見えた。

近づくと、確かに宮本武蔵と書いてある。
そのとなりには英治作が見える。
吉川英治作の「宮本武蔵」は朝日新聞に掲載されてったっけ?
とすると、今から70年以上は昔の新聞なのね。

他にもいろいろ文字や挿絵が確認できる新聞の破片。
見てるとレトロでおもしろい。

古い家の改修ってワクワクする。

この家も、
昔々に別の場所から移築して、
この部屋も、
その町初のパチンコ店として間貸しされ、
その後、美容室としても使われていたそう。

建物に歴史有り。

いろんな断片を拾い集めながら、いろいろ推理するのも
楽しい。これだから、古い民家の改修って大好き。


※9月中には、この現場もきれいになります。
[PR]
by imag0660 | 2011-09-09 10:16 | job | Comments(0)

ルイスポールセンのペンダント

b0223711_1362281.jpg

(画像はルイスポールセンさんから拝借)

ルイスポールセンは、デンマークの照明会社。
ラ・ヴィータで人気の「PH5」もルイスポールセン社のものです。

店舗などでは、デザイン(意匠)重視の照明器具でも良いけれど、
こと住宅では質のよい光を提供できる照明器具を提案したいと
常日頃から思っている私にとって、「人にとって心地よい照明の質」
を追究して商品開発をしてるルイスポールセン社は気になる存在。

そんなルイスポールセン社から、届いたメールにこの画像が入って
ました。ペンダントライトの名前は「AJ ロイヤル」。
アーネ・ヤコブセンが1959年にコペンハーゲンのロイ ヤルホテルの
ためにデザインしたペンダントライトです。
テーブル面だけでなく、上部へもも光が漏れるように半球状のシェード
上部はルーバーになっていて、ここから柔らかな間接光が漏れる
といった設計です。

ちなみに、ペンダントライトの場合、テーブルの天板から60~70cmの
ところにペンダントライトの下部がくるように設置するのが日本では主流
なのですが、デンマークでは55cmだそうです。
60cmでも低く感じる日本人とは、やはり光へのアプローチが違う。

日本だと、
「焼肉や鍋もするから、低いと困る・・・」なんて声も多いしね。(苦笑)

確かにそれも一理ありますが・・・
なんか色気がないわね。


生活感のまったくない部屋も嫌だけど、
ほどよく色気のある部屋で過ごしたい。
そう感じる秋の昼下がりでした。
[PR]
by imag0660 | 2011-09-06 13:37 | interior | Comments(0)

地味色だけどいい感じ~♪

カーテンのプランボードをこれから作成。
見積書とイメージが出来たので、まとめます。

お客様のM様は、
ナチュラル系(カントリーまではいかない)がご希望。

毎度のことですが、
頭のイメージをらくがきしながら練り練り。(結構楽しい♪)
b0223711_11463359.jpg


今回は、ローコストでとのことだったので、
リーズナブルな生地を組合せてプラン。
b0223711_120899.jpg

自宅でお洗濯が可能なポリエステル素材の生地を選びつつも、
光沢がなくて自然素材に見える感じのモノをチョイス。

無地調でも1色だとメリハリにかけるので、2階の子供室だけ、
ちょっと色をプラス。男の子は無地で、女の子ルームは柄有。
そんなコーディネートにしてみました。
b0223711_1241489.jpg

柄の生地だけインポート。
女の子はまだベビーちゃんなので、お部屋を使うのはまだまだ先。
でもママは女の子の部屋って可愛くしたいものです。
そんな話で盛り上がったので、この部屋だけはちょっと可愛く。
小窓には、残布でオーナメントとか作ってもいいなぁと想像して
イメージが出来上がりました。

なかなか可愛くなってきましたぞ♪♪



【おまけ】
b0223711_129338.jpg

カーテンの生地サンプルがこんな紙芯にまいて届くとちょっとワクワク。
祖父が生前呉服店を営んでたので、子供の頃、着物の反物でつかっている
芯で兄弟や従兄弟達とチャンバラやってました。これも使えそう!
祖父が手馴れた手つきで、上手に反物をまいたりするのを見て、
私も大人になったらあんな風にまけるようになりたい。と思ったもの。
そんな子供の頃の記憶がワクワクさせてくれるのです。
[PR]
by imag0660 | 2011-09-02 12:19 | job | Comments(0)
line

インテリアコーディネーター    松本真紀子

西予市三瓶町出身。松山市在住
。 「3歳になる息子の成長が日々の楽しみ。」
とほほえみながら言ってみたい...。
現実は、息子のオッパイ攻撃に手こずる日々です。


by imag0660
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite